多機能プレス機

ここで多機能プレス機と呼ぶものは比較的大きな製品で、絞り加工量がそれほど大きくないものに向いているプレス機です。一般に、ストロークが可変方式で大きなエネルギー能力を持ち、トランスファープレスとしても順送金型プレスとしても使用可能な順応性を持ちます。

これらには、偏心クランクシャフト式のもの、リンクドライブ式のものがあり、ストロークも固定型と可変型があります。

さらに一般に順送型とトランスファー型の両方の材料供給装置がついています。従って初期工程では順送金型式として稼働させ、材料が切り離されたところからトランスファーとして稼働させることもできます。

加えてコンベヤーや、自動金型交換システム、材料供給装置、などを付加することもでき、完全自動設備となります。

公称能力 160トン~3,000トン
お客様の製品ごとに、プレス加工を最適化するボルスタとスライドのサイズや必要な周辺機器をご用意致します。