順送金型用のプレス機

これらは、コイル材からスタートし、その材料自体に引っ張られて進んで行きながら製品が加工されてゆくプレス機です。製品は金型の最終工程で切り離されます。

順送金型用プレスは一般に短いストロークを持ち、生産性向上のため、しばしば製品高さに合わせストローク変更がなされます。

日本電産アリサでは順送プレス機を加圧能力やサイズに応じて、タイロッド締結方式分割フレームや一体型フレームでご用意しております。切断、曲げ、絞り、工程毎に異なる荷重が必要になる場合、それらも考慮した上で設計・製作いたします。

プレス設備はプレス機本体と材料供給装置とで成り立っています。材料供給装置は、多機能で大型のものから、限定的な機能でコンパクトなものまであり、加工材料、加工速度、スペース面の制約などを考慮して選定されます。

公称能力 160トン~2,500トン

お客様の製品ごとに、プレス加工を最適化するボルスタとスライドのサイズや必要な周辺機器をご用意致します。